商品情報にスキップ
1 / 3

まゆ恋

UVスプレー

通常価格
¥4,180
通常価格
セール価格
¥4,180

【配送料無料】
【初回購入500円OFFクーポンあり】

金のシルクを配合したベタつかないさらさらパウダー状のU Vスプレー

内容量

60g

原材料

LPG、エタノール、水添ポリイソブテン、メトキシケイヒ酸、エチルヘキシル、ポリメチルシルセスキオキサン、シクロペンタシロキサン、ジエチルアミノヒドロキシベン、ゾイル安息香酸ヘキシル、加水分解シルク、パルミチン酸、イソプロピル、(ビニルジメチコン/メチコンシツセスキオキサン)クロスポリマー、水、クオタニウムー18ベントナイト、ラウリルPEGー10トリス(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチコン、BG、トコフェロール、BHT

使用方法

・缶を上下によく振り、カチカチと玉の音が10回程度するのを確認してからお使いください。
・肌や髪に直接吹きかけて使用する場合は、10〜15cmはなしてムラなくなじませます。
・効果をたもつために2〜3時間を目安につけなおしてください。
・使用量がすくないと十分な紫外線防御効果がえられません。
・顔にご使用する場合は、直接の噴射はさけ、一度手のひらにだしてから少量ずつなじませてください。メークの上からお使いになる場合も同様にお使いください。
・メークがよれないようにご注意ください。
・落とすときは普段お使いの洗浄料、シャンプーなどで丁寧に洗いながしてください。

使用上の注意

【ご使用上及び保管上のご注意】
・換気のよい場所で使用し、吸入しないように気をつけてください。
・凍傷などのおそれがありますので、同じ場所に3秒以上スプレーしないでください。
・顔への直接噴射、粘膜への使用は避け、除毛直後の肌には使わないでください。
・お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
・傷・はれもの・しっしん等異常がある場合はご使用にならないでください。
・ご使用中、またはご使用後のお肌に直射日光があたり赤味・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれたときは使用を中止し、皮膚科専門医にご相談されることをおすすめします。そのままご使用を続けますと悪化することがあります。
・目に入らないように注意してください。目に入った場合はこすらずに直ちに洗い流してください。
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・衣類等につかないように注意し、ついたときはすぐに洗剤で丁寧に洗ってください。また、変色(着色)する場合がありますので、塩素系漂白剤は使用しないでください。
・極端に高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
・捨てるときは火気のない屋外で噴射音が消えるまでボタンを押しガスを抜いてから地域のルールに従って捨ててください。

メイクの上から使えて長時間サラっとキープ

メイクをした上からでも、メイク崩れを気にせず何度でも使えます。さらにまったくべとつかずサラっとし、髪の毛にも使える優れもの。汗や皮脂も抑え、さらさらを長時間キープします。

国内産金のシルクの優れた紫外線防止能力

まゆ恋で使用している金のシルクは白色のまゆ玉や海外の黄金繭に比べて紫外線のUVA波/UVB波共に防止能力が優れています。

※UVA波:紫外線A波。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

※UVB波:紫外線B波。波長が短く、屋外での日焼けの主な原因。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

※吸光度測定により当社で白色まゆ玉、海外の黄金繭を使用した試作品にて比較

0.00023%(※)の希少な金のまゆ玉

日本国内の限られた養蚕農家と独占契約することで入手できる希少価値の高い天然の金のまゆ玉繭100%で生産しています。世界のシルク生産量の0.00023%(※)という希少な黄金繭です。

※出典:シルクレポートNo.68から算出

国内産の金のシルクの高いエイジングケア力

金のまゆ玉から抽出されたシルクエキスを高濃度で配合しています。金のシルクのたんぱく質成分であるセリシンが作用し、優れた保湿力、高いエイジングケア力を発揮。国内産の金のシルクは、海外産の金のシルクに比べて、2倍以上(※)のエイジングケア力をもっています。
※吸光光度法による社内調べ

ご使用方法

缶を上下によく振り、カチカチと玉の音が10回程度するのを確認してからお使いください。肌や髪に直接吹きかけて使用する場合は、10〜15cmはなしてムラなくなじませます。効果をたもつために2〜3時間を目安につけなおしてください。顔にご使用する場合は、直接の噴射はさけ、一度手のひらにだしてから少量ずつなじませてください。